我が家のソファーの選び方

私の家にはソファーがあります。結婚前までは必要性がなく持っていなかったのですが、結婚後に子供が生まれたからは必要性を感じて購入しました。最初に買ったものはローソファーです。理由は、子供が小さいため落ちたら危険かもしれないという理由でした。あまり高いものではなかったため、2年ほどしたらクッション部分が少しへこんでしまいましたがほぼ毎日使用していたため十分にもとはとったと思います。それを処分後に購入したものが今使用しているものです。子供が落書きしたりシールを張ったりするため、メンテナンスを行いやすい人工皮革製を選びました。前に購入したソファーに比べとても高級感がありまた、掃除も行いやすいです。家族が増えると一家団欒するリビングには必須だと思います。まだまだ現役で使えますが痛みが目立ち始めたら次は革製のものを選びたいと思っています。

日本人好みのソファー

洋式の生活が定着し、昔は居間と呼んだ家族が揃う憩いの場は、リビングと呼ばれることが多くなりました。そのリビングに必須なのがソファーセットです。以前カウチポテト族と言われたように、寝そべってポテトチップスでも食べながらテレビを見るという姿勢は、家庭でのくつろぎの代表的な姿となっています。現代外国製の様々な家具が販売されている中、本家本元のヨーロッパ調とは違った、日本風ともいえる家具類が人気を集めているようです。一般に欧米人は背が高く足が長いので、机や椅子など家具全般が、欧米人向きにできています。したがってソファー一つを取っても、私たち日本人が座ると足が着かない場合も少なくありません。畳など地べたに座ることに慣れた私たちは、体格もさることながら背の低い家具を好むのが一般的なのです。そんな中まるで座椅子のようなソファーが販売されています。これなら足が着かないことはなく、背もたれを倒せばベッドのようにもなり、まるで和室のように使えるので多くの支持を集めているのです。

事前に把握しておきたいソファーの選び方

ソファーを購入する時、どのようなタイプを選べばよいのか解らない方もいます。そこで、購入する前にいくつかポイントを把握しておくと、満足できるソファーを見つけられます。まず、機能性をチェックします。リクライニング機能が付いている物やベッドになる機能があるタイプなど様々な機能が付いているので、設置したい場所などを考慮しながら選びます。また、お子様やペットがいる家庭の場合、汚れてしまう可能性が高いので、カバーリングタイプを選ぶと良いです。機能性を選んだ後は、色を選びます。ただ好きな色を選ぶのではなく、設置したい場所に合っている色を選ぶようにします。リビングなら落ち着けるようなシンプルな色が良いですし、子供部屋などの場合、明るいカラフルな物が選ばれています。この二つをしっかりと事前にチェックしておくことで、満足できるものを購入することが可能です。